もうじき6才!長女パンプキンのならいごと

picture of pumpkin



わが家の習いごと、といっても自宅で取り組んでいるものですが…

  • 英語(リサティー担当)
  • ピアノ(父カーター担当)

の2つ。

あとは月に2回だけお遊びでダンス教室に通っているくらい。

英語はこれからの社会でもちろん必要ですが、一方で、ピアノ演奏(とその練習過程)は基礎的な能力を底上げするのに最適だと思っているので、英語とピアノを両輪にしています。

「なぜ東大生にピアノ経験者が多いのか?」

この本にあるデータは賛否あるかと思いますが

  • 5指を使い分ける
  • 両手バラバラの動き(それにプラスしてペダルも)
  • 楽譜をつねに目で追いかける
  • 自分の音を聞く
  • 暗譜

考えれば考えるほどに、非常に高度な処理をリアルタイムでやっているんだなあと。

偶然2人の得意なことが英語とピアノだった、というだけなのですが、自宅でやっているからそうは思わないだけで、これらを全て外で習いに行かせようと思うと、だいぶ教育熱心な家庭かもしれません(笑)。

使っているピアノテキストは英語(フェイバー)なので(そもそも日本語版がない、というのも一つの理由ですが…)、一応イマージョン教育にもなっています。

↓あと一曲終われば(はじめての!)一冊終了。パンプキン、ちょっとテンション上がってます(^^)



picture of pumpkin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です